Healthy Company(ヘルシーカンパニー)

健康経営・働き方改革を応援するWEBメディア

運動不足解消!揺れるイスでピラティスをしたら腰痛の人はどうなるのか?

October 3, 2018
約 5 分
運動不足解消!揺れるイスでピラティスをしたら腰痛の人はどうなるのか?

皆さん、ピラティスってご存知ですか?

私も聞いたことはあるけど、ヨガと何が違うか説明してくださいって言われたらよくわかりません。そこでネットを色々調べてみました。わかったことは、ヨガはインドで紀元前から行われていた修行(!)なのに対し、ピラティスはドイツ人看護師のジョセフ・ピラティスさんが作った、脊椎の柔軟性を中心としたリハビリテーションエクササイズということです。

彼は自分の体が弱かったことから運動に目覚め、体幹を鍛えることでしなやかな体づくりができることを発見しました。そこから生まれたエクササイズを、患者のリハビリテーションに取り入れたことから始まったそうです。

大きな違いは、ヨガは腹式呼吸が基本で、瞑想も取り入れていますが、ピラティスは胸式呼吸で瞑想はない部分。でも、ピラティスがヨガのポーズと似ている動きを取り入れているということで、二つのエクササイズはとても似ているのです。

ヨガは修行だからあんな難しいポーズ取るんだなぁ、片岡鶴太郎さんはすごいなぁと感心したところで、今日はただのピラティスではなく、INGピラティスを見てきました。

ピラティスでさえ?なのに、INGピラティス?? INGってなんだ? 進行形? と思ったら、KOKUYOさんで作っているINGチェア(https://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/ing/)という新感覚の揺れる椅子を使ったピラティスでした。

この椅子はなんだ? 前後左右に揺れる椅子? そんなに揺れたら仕事にならないんじゃないのかな?と思ったのですが、心配ご無用。座っている状態から自然な体の動きを引き出すことで脳が活性化され、仕事がはかどるのだそうです。

今日はINGピラティスの前に開発者の木下洋二郎さんもお越しになっていて、INGチェアのお話もしてくださいました。開発には4年かかったそうです。日本人は座りすぎで寿命を縮めているらしく、がんの発症率も高めているので、これをなんとか解消できないかと揺れる椅子を考案したんですって。

バランスボールとブランコを合体させたようなこの椅子にはばねは入っていないそうです。ふしぎ~。でも、ロック機能もついていて、ゆらゆら揺らしたくない時には止める方法もあります。まあ、確かにずっと同じ体勢で何時間もPC打ち込んでたら体にはよくなさそうですよね、筋肉も凝り固まってしまいますし。それが少しでも振動していれば確かに肩こり、腰痛には効果がありそう。

木下さんはINGチェアで行っている面白い実験についても紹介してくれました。こちらはKOKUYOのHPを見た方が早いので、こちらをご覧ください。余りにくだらない(!)実験で笑っちゃいました。コクヨの実験http://www.jikken-ing.jp/)で検索すると出てきます。

で、さっそく本題。教えてくださるのはStudio-emi代表の千葉絵美さん。銀座でピラティススタジオをお持ちだそう。背が高く9等身はあるだろーってくらいスラーっとしていてまるでモデルさんみたい、と思ったら元モデルでキャビンアテンダントさんでした。

素敵。でもって笑顔も美しい。いつまでも見ていたい・・・っと先生は置いといて。今日の参加者は20名ほど。皆さんINGチェアに腰かけて、先生の動きに注目しています。

「まず座っていただいて、ももの上にビー玉を置いたと仮定し、このビー玉が転がっていかないように座面をまっすぐにして座ってみてください。お隣同士で座面がまっすぐか見てあげて~」と先生が声を掛けます。

まず最初から他人に見てもらわないとわからないほど、皆さんまっすぐがわからないみたいです。普段どれだけ”まっすぐ”を意識して座っていないかわかりますね。「そこから、頭の位置をなるべく動かさずに、そのビー玉を後ろに転がす感じで骨盤を動かしてください。今度は前、次に右、次に左。」という感じで進んでいきます。

大きな動きは全然ないんですけど、INGチェアの動くという機能をうまく使って骨盤の位置を調整したり、今度はINGチェアを動かさないように足を上げたり下ろしたりなど、足の付け根の腸腰筋を鍛える運動が取り入れられています。ここの筋肉を使ってあげると冷え性とかにも有効なんだそう。

INGチェアは動くものなので、その動きをコントロールすることに意識を向けてエクササイズをすることで体幹まで鍛えられるのですね~。お隣同士のINGチェアの間隔は30cmほど。ほとんど椅子の位置は動かさないままピラティスが進んでいきます。

こんなに小さな動きなのに皆さん運動した感じになるのかしら?と思っていましたが、40分程たって終わった後に何人かにインタビューしたところ、体がポカポカしてきましたとか、思っていたよりハードでしたとか、ただの体操かなぁ位に思っていたのに、辛かったという意見を頂いたので、見ているよりは運動量としては多そうです。

普段着でそのままできるのもGOOD。その他にもダイエットしたい場合はどういう動きがいいですか? とか、歩き方がきれいになる動きはありますか? とか、INGピラティスはいつやるのがいいですか?など活発に質問がでていました。

残念ながらINGピラティスのレッスンは先生のところではやっていないようですが、先生の動画がKOKUYOのINGエクササイズ(https://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/ing/exercise/)に上がっていますので、INGチェアを持っている人はぜひチェック!

持ってない人もこの椅子を手に入れれば仕事もできるようになるし、体幹も鍛えられてジムにも行く必要がなくなるってことで購入してみてはいかがでしょうか? 意外といい買い物かもしれませんよ。

いいね!と思ったらシェアをお願いします!
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

About The Author

Sales Box株式会社代表取締役細波恭輔
Sales Box株式会社 代表取締役
オンライン採用支援事業を行なっている。

ビジョンは「誰もが本当に望んでいる生き方を選択できる世界を作ること」

ライフワークとして健康経営導入のアドバイスも行なっている。
Follow :

Leave A Reply

*

CAPTCHA


Comment On Facebook